カクレクマノミとハタゴイソギンチャク

ニモ-0060 D70 + 18-70mm F3.5-4.5

 この話は、誰も信じてくれません。熱帯魚屋さんのお兄さんも、理解してくれませんでした。ニモが有名になったときに、我が家でもイソギンチャクとの共生が見たくて海水の水槽をセットし飼い始めました。毒針に耐性があるカクレクマノミにとっては、他の魚にとって危険なここも最高のふわふわベッドです。ところが一年ほど過ぎたときに、その事件は起こりました。痙攣したニモが吸い寄せられるようにハタゴイソギンチャクの口に運ばれ、一息に飲み込まれました。小さいときから飼っていたカクレクマノミで、とてもかわいがっていたものです。自然の謎に思考回路が回らなくなり、しばらく常識と言うものを信じることが出来ませんでした。

 この写真は、水槽の外から撮ったものです。イソギンチャクの飼育には、太陽光の明るさに匹敵するメタルハライドランプが必要ですので、室内での撮影でも十分撮ることが出来ます。もちろん、ピントはマニュアルです。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カクレクマノミとハタゴイソギンチャク D70 18-70mm F3.5-4.5 この話は、誰も信じてくれません。熱帯魚屋さんのお兄さんも、理解してくれませんでした。ニモが有名になったときに、我

2012-06-01 02:03 | まとめwoネタ速neo