女優犬

サングラス- FinePix 600Z

 今年の1月に先生からあと数ヶ月と言われたディンギーですが、今朝体調を崩し病院へと搬送しました。内臓のレントゲン撮影、エコー検査、血液検査と続き、ぐったりした体に点滴のチューブがつけられました。胃腸はガスが充満し心臓も水分不足と血圧低下で小さくなっており、夕方まで病院での治療が続きました。明日も点滴の必要があるとのことですが、ゆっくり寝かせるために今夜は連れて帰ってきました。呼子のイカ喰い競走参加はキャンセルになりましたが、愛宕山までアウターで登って、ディンギーの苦しみが少しでもなくなるようお祈りしてきました。

 この写真は、ディンギーが一歳半の時に撮ったものです。人間で言えば二十歳ぐらいでしょうか。生命感あふれる姿で、当時はこのようなモデルとしてたくさん写真を撮りました。この数年後には、城島選手とともに自宅前でのCM撮影に出演しました。従順で温和で圧倒的な存在感を放つゴールデンレトリーバーとしての性格は、この歳あたりから満開となりました。 

コメントの投稿

非公開コメント