盛岡駅

盛岡駅-00146 SH-05A

 飛行機と新幹線あわせて往復乗り物9時間、現地滞在2時間の日帰り出張でした。羽田から東京駅間は、全くのスルーです。それでも東京から岩手までは、桜前線の北上を直に楽しむことが出来ました。関東平野はどこまでもビルや住居が果てしなく続き、畑らしい地面が見えたのは出発して40分ほどたってからでした。山も海もない街に、自分という個が埋没してしまいそうで息苦しくなってきました。海抜ゼロから1000mまで、海も島も山もある福岡は、生物多様性に富んだ豊かな街だと改めて感じました。目的地の盛岡は落ち着いた街で、岩手山は見つけることが出来ませんでしたが、北上川の水は雪解け水が流れているようで、きっと切れるように冷たいのでしょう。

 この写真は、盛岡駅の新幹線コンコースにあったディスプレイを携帯カメラで撮ったものです。世界遺産の平泉のキャンペーンのようです。このごろは、携帯カメラの設定をいろいろ変えることができるようになり、少し写せるようになってきました。

コメントの投稿

非公開コメント