能古島キャンプ村

カリブ海を彷彿とさせる能古島キャンプ村のビーチに、竹や椰子の葉で作られた屋根もないシンプルなステージで、ローカルバンドやダンサーが弾けるフェスティバル。それが、イスラ・デ・サルサです。今年は20回の記念の年で、イスラ・デ・サルサの原点となった能古島で行われています。(D610 + 35mm f/1.8G ED)

音楽がガンガン鳴り響き、ステージのサルサのステップに皆惹きつけられます。
サルサ-0481

ステージの周りは椰子の木が林立して、すぐ外のビーチと合わせて、ここはもう日本の風景ではありません。
サルサ3-0471

沢山の椰子の木が、自然の日陰を作ってくれます。
サルサ5-0472

暑くなったらそのままドボン。 シンプルライフです。
サルサ4-0450

コメントの投稿

非公開コメント