ヤンマー造船株式会社

大分の国東半島東端に位置する大分空港のすぐそばに、日本中のヤンマー船を製造しているヤンマー造船所はあります。ここの工場内の二つのラインからは、ハルの積層から組み立て、エンジン据え付けや工場オプションの取り付けを行っています。試運転が出来る状態まで組み立てられた船は、各々のラインに続いているスロープから次々に海に出ていきます。まるで生まれたての赤ちゃんが、産湯を使うようです。
(D610 + 50mm f1.8)

30-2-0413.jpg
左のラインにはEX30Bが、右のラインにはEX38Aが数艇ずつ並んでいます。この2種類が、現在のヤンマーのヒット艇だそうです。これからエンジンを載せた後に、上部デッキやキャビンなどが据え付けられます。

30-1-0411.jpg
このスロープから、完成した順に次々に試運転のために海に出ていきます。陸置きも含めて敷地内にある約20艇の完成艇のうち、ほとんどがプレジャーボートで、漁船は2艇しかありませんでした。日本の海から、漁船が少なくなっていくのが心配です。

30-3-0422.jpg
試運転後、出荷を待つ船達です。試運転後、社内の別チームによる製品検査があるそうです。厳しくチェックされ、不具合はすべて直されて再度検査があります。それらの検査をパスした船だけが、全国各地に送られます。

コメントの投稿

非公開コメント