明正井路一号幹線一号橋

水路 (1 - 2) DP2x

明正井路一号幹線一号橋は、竹田市の大野川水系緒方川に架かる石造のアーチ橋です。緒方町と清川村の水田を灌漑するための水路で、その総延長は175kmもあります。竣工は大正時代で、「明正」の名前は、明治時代から大正時代にかけて工事が行われたことに由来するそうです。このあたりはこのような石橋が多く見られ、多くの土木・産業遺産マニアが訪れています。

 この写真は、六連アーチを部分的に撮ったものです。とても落ち着いて、美しい佇まいでした。九州にはこの他にも、熊本の山都町や長崎の世知原町にも石橋が多く残っており、いつかそれらの写真も撮りたいものです。
 今までのツーリングの手持ち写真も最後になり、そろそろ新しく写真を撮り貯めするために、ツーリングに出かけたくなりました。

コメントの投稿

非公開コメント