飛渡鼻

唐泊と西ノ浦の間にある、船でないと行くことが困難な、飛渡鼻という岬の陰でアンカリングしています。今日も福岡地方の最高気温は32度を記録しましたが、エアコンの効いたキャビンでお昼寝タイムです。早朝から出撃し、ルアーで指4本の初タチウオをゲットしました。200m四方の狭い海域に、十数隻のタチウオ狙いの船が密集しています。まさにポイントです。


Gunkholing(ガンクホーリング)とは、入江にアンカリングしながらのんびり旅をしたり、静かな水域で錨泊しながらキャビンライフを楽しんだりすることです。大きな船でなくとも、そんなことを楽しむ心があればそれがGunkholingです。貪る様に読んでいたアメリカの Small Boat Journal 誌には、17ftのボートで北米の入り江を回りながらクルージングしたり、アメリカからタヒチまで21ftのヨットで旅行している若いカップルなど、憧れの情景が満載でした。文面からは、キャビンを灯すランプのケロシン(灯油)の匂いがしたものです。(XPERIA SO-02G)
No title

60~70年代、アメリカ文化は憧れの的、田舎ではまず実現できない夢のまた夢でした。
それはともかく、タチの刺身、うまいんだよねぇ。
最高! (*^_^*)

2015/08/18 (Tue) 20:40 | 誤字メ #Xd9Dr.kQ | URL | 編集

アメリカ文化

良きも悪しきも、アメリカ文化に影響された最大の年代が我らでしょうか。音楽もファッションもライフスタイルも、全てを模倣していた様な気がします。それでも、精神面も含めて生活の豊かさは彼我の差でした。

2015/08/18 (Tue) 21:21 | 青の9号 #ofuZxQNg | URL | 編集

No title

初太刀魚、おめでとうございます。
新鮮な太刀魚の味覚は釣り人の特権ですね。
僕は博多湾内では太刀魚を釣ったことがありません。
ポイントがあるのですね。
あの場所に飛渡鼻という名前がついているとは知りませんでした。
あそこには30フィートのヨットで海水浴&キス釣りに、よく行ったものですがキスが岸近くにいることもあって転流で走錨してあわてたことが何回かあります。
体力、気力が衰えてきたら暑いときはエアコンは必須ですね。温暖化で平均気温もあがっているし。
でも、マリンエアコンは高すぎるし家庭用エアコンの流用は電源に課題があるし・・・
バタフライ(灯油ランタン)をポンピングして圧がかかって、シューと音がして明るくなった幸せを思い出します。
冬は暖房代わりでした。ただ、ホヤが高価でもろくて苦労しました。

2015/08/20 (Thu) 13:22 | はる #- | URL | 編集

マリンエアコン

 ポイントは能古島北端の灯台の先、半海里ほどのところにある水深20mほどの窪みです。狭い上に航路にも近くて普段は近づきませんが、この時季になると早朝からタチウオ狙いで賑やかになります。船と船が数m間隔でいることもあり、釣れている船、釣れていない船がすぐに分かります。
 エアコンは家庭用エアコンがキャビンに、パイロットハウスに窓用エアコンが付いています。これにガソリン発動発電機で電気を供給しています。ガソリンなので、停泊時にしか使っていません。確かにマリンエアコンは非常に高いので、周りのボートもすぐに取替えできる家庭用エアコンを使っています。ホンダから安価なカセットボンベの発発が出ており、これを2台連結すればエアコンに使えそうです。取り扱いが安全な燃料なので、買い置きや航行時の運転など使えそうです。
 真鍮の灯油ランプほど、心落ち着くものは無いですね。

2015/08/21 (Fri) 10:53 | 青の9号 #ofuZxQNg | URL | 編集

コメントの投稿

非公開コメント