2.4GHz DMSS/Computer Mixing 6ch プロポ

子供の頃から本当に細々とやってきたラジコン飛行機ですが、ANGELICAの電装品をいじる感覚を磨くために久しぶりに新しい機体を作ってみました。設計図を参照しながら、素材キットから接着や塗装を経て組み立てていきます。資源保護のためでしょうか、広い面積の部分はバルサの代わりにスチレンペーパーが採用されていました。スーパーでお魚を売ってるトレイと同類ですが、なかなか軽くて丈夫でしっかりしています。細かいRがつく曲面も綺麗に仕上がって、工作の腕が上がったような錯覚を覚えます。模型飛行機製作のコツは、ねじれの無い翼、主翼と尾翼との正対、適正な舵角、重心などです。これらを押さえておけば、どんな模型飛行機もちゃんと飛んでくれます。あとは速かったり遅かったり、運動性の有る無し等、それぞれの設計による個性を楽しむことが出来ます。

SKY (1 - 1)昭和の時代では、これくらいの性能の模型飛行機は10倍の重さと10倍以上の予算が必要でした。しかも電動はまだまだ非力で、模型エンジンの燃料でべとべとになったものでした。ブラシレスモーターとリチウムポリマー電池の登場で、どんなクラスの模型飛行機も元気に飛んでいます。また、現代の送受信機では、機体側の受信機電源電圧などの情報がテレメトリー機能で送信機に表示されます。まさに21世紀です。(FinePix S1 24-1200mm F2.8-5.6)
No title

v-232これを船に積み込めば、空母ですネ♫♫♫

2014/07/20 (Sun) 13:02 | TUNA #s6by8c7A | URL | 編集

空母

面白い発想ですね。さすがTUNAさん! 今朝の朝練は途中で熱中症気味になりリタイヤしましたが、こんな程度では沖縄では何もやれないですね。

2014/07/20 (Sun) 13:10 | 青の9号 #ofuZxQNg | URL | 編集

コメントの投稿

非公開コメント