天翔ける馬たち

今回のツーリングには6人が参加し、それぞれ思い入れのあるロードバイクで走っていました。クロモリ3台、カーボン3台で、タイヤは一人だけチューブラーで、残りは全員WOでした。ここに皆のバイクを紹介します。(撮影は全て、Cyber-shot DSC-WX100 4.45-44.5mm F3.3-5.9 です。)

B (1 - 1)
A先輩の、いろんな工夫に富んだバイクです。ビアンキのクロモリですが、ハンドルを逆にして先端をカットしてあります。このハンドルにMTBのようなブレーキレバーをつけて、下りのスピードコントロールに優れた性能を最大限に発揮されていました。荷物の量は、旅慣れたベテランの平均的量でしょうか。

L (1 - 1)
INOUさんの、ツーリングバイクに最適なフレームと言われるLOOK585です。皆の道案内をしてもらい、ステムにつけたナビは心強い機器です。荷物はいつもセンスあるお洒落を楽しむため、まあまあの量でした。

N (1 - 1)
ミッキーさんの、世界のNAMBEI号です。ホイールはMAVICのOPENPROで、乗り心地は最高でしょう。荷物は、今回はビーサンさえありませんでしたが、いつも通り仲間内で一番の量でした。

T (1 - 1)
いつものLOOK585に替えて、TREKでの参戦となったT橋先生です。朝練同様に、どんな状況の時も速さが光っていました。サドルに付けている輪行袋は、前輪のタイヤだけ外せばすぐに納めることができるタイプです。

D (1 - 1)
最初見たときに普段とは違和感があった、Dr.KのDEROSAです。それもそのはず、いつもはもっとディープなリムのBORAをツーリングに持ち出すという掟破りに、今回はさらに掟破りの山岳用のハイペロンです。これだけ入れ込めば、白骨温泉までの激坂にも、一人敢然と挑んだのが良く理解できます。それにしても、トップチューブに貼り付けたチューブラーが泣かせます。荷物の量は、平均的な量でした。

7 (1 - 1)
私が今回のツーリングに選んだ、ANCHORのRNC7です。荷物の量は、この小さなサドルバッグとサイクルジャージの背中のポケットだけです。この状態で10kgを切っています。秘密兵器は、12-29Tのスプロケです。最後の3枚は23、26、29となっており、29を使った時はインナー・ローで時速9kmでした。保険にいいかなと思っていましたが、とんでもない。めちゃ疲れた時には、29が大活躍しました。日本の激坂は長くても3,4キロ程度なので、30分頑張ればいいと頑張れました。「終わりの無い坂は無い!」これだけ唱えて、ただただクランクを回し続けました。でも最後に理解できました。「でも日本中どこにでも坂はある!」

コメントの投稿

非公開コメント