大雪山旭岳

旭川空港に降り立った時から、頭の中で松山千春の「大空と大地の中で」のメロディーが渦巻いていました。大雪山連峰の主峰で標高2,291m、北海道最高峰のこの山は旭川市内のどこからでも見ることが出来ます。広い空と大地がなせる技です。残雪を頂くこの山は、雄大な自然の北海道のシンボルです。

朝日岳 (1 - 1)(Cyber-shot DSC-WX100 4.45-44.5mm F3.3-5.9 )

イトムカ鉱山

アイヌ語で「光輝く水」つまり水銀を意味するイトムカ鉱山は、かってアジア一の産出量を誇る水銀の鉱山でした。無機水銀中毒を引き起こす水銀蒸気が発生するため、防毒マスクの着用などの予防措置がとられていましたが、それでも倒れる者が多かったそうです。現在は使用中止になった水銀の抽出技術を応用して、国内唯一の水銀リサイクル施設となっています。

イトムカ (1 - 1)(Cyber-shot DSC-WX100 4.45-44.5mm F3.3-5.9 )

コメントの投稿

非公開コメント