第7フレット

私のマリアーノ・テサーノス作のマリア姫には、最初からポジションマークが付いていません。フレットを間違えると全く違った音が出るため、プロの中でも第5、第7フレットあたりに印をつけている方もおられるようです。私もシール式のマークを貼ったこともありますが、それはそれでミスが出るものです。どうしても最初にポジションマークを探し、第何フレットかを頭の中で考えて探しているフレットに指を行かせてしまいますが、これでは時間がかかりすぎます。この思考がどうしても馴染めずに、ポジションマークを付けない事にしました。第7フレットが顔の前に来るように構え方を決め、フレット板全体を視野に入れて第5~7フレットをゾーンで認識します。趣味でギターを弾いているので許されるのですが、この方法でフレットが飛ぶ曲が弾けたときには感動します。じゃ、弾き始める前に第7フレットはどうやって探すかって? 構えた後にマリア姫に唇を近づけていって、キスできたところが私の第7フレットです。

フレット板 (1 - 1)写真の中で金属製の第6フレットと第7フレットが平行に見えています。私の構え方ではこの見え方が基本になり、この位置から頭がずれると正確に弾けなくなります。カメラのレンズは人間のように見えていませんので最初に第6、第7フレットの間を中心に写真を撮り、トリミングをして右側に寄せ実際に私が見ているようにしています。(SIGMA SD1 Merrill + 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM)

ポジションマーク、7フレットに付けてます。
完全に頼り切るのは危険ですが、目安程度には利用していいと思います。
テンポを嫌という程落として、現在のポジションから逆算して何ポジション分移動すれば良いのかを、カラダが馴染むまで繰り返すといいと思います。
7フレットが目の前に来る姿勢というのは左に偏り過ぎているのではないかな、と心配デス(^_-)
視野を広げる意識はとても共感出来ます(^^)

2014/02/03 (Mon) 16:11 | 橋口武史 #- | URL | 編集

第7フレット

橋口先生、コメントありがとうございます。西島先生からも、身体を左にひねり過ぎているとのご指摘を頂いております。私も第7フレットにポジションマークを付けて構え方を修正し、ポジション移動の練習に励みます。マリア姫は乾燥した冬のせいか良く鳴るようになり、毎日音を出すのを楽しみにしています。

2014/02/03 (Mon) 18:24 | 青の9号 #ofuZxQNg | URL | 編集

コメントの投稿

非公開コメント