ジリオラ・チンクェッティ

 朝練に行こうとDE ROSA のバッテリーも昨夜の内に充電して準備をしていましたが、今朝は雨でした。仕方なくウエイトトレーニングに切り替え、先日購入したバーベルでスクワットの実践です。その時にふと窓の外を見ると、最後に残った欅の紅葉した葉が雨に濡れていました。何故かジリオラ・チンクェッティの「雨」のメロディーが頭の中に流れてきます。60年代後半の曲だと思いますが、よくラジオに流れていたのを思い出します。基本は長調の曲調なのですが、歌詞の間に短調系の音が雨音のように効果的に使われています。

朝練部屋の中から望遠レンズで撮影しました。後ろの枝には雨の水滴が、春先の蕾の様に仲良く並んでいました。葉で集められた水滴が、今にも落ちそうに顔を覗かせています。撮影は、SIGMA SD1 Merrill + APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM です。

そのころの洋曲

あぁ、ジリチン懐かしいですね…シルヴィ・ヴァルタンとか、ショッキング・ブルーとか…いろいろありましたが、リン・アンダーソンの「ローズ・ガーデン」がお気に入りでした。

2013/12/01 (Sun) 16:52 | アヤベーダ #/c2.ISBc | URL | 編集

ジリチン

あの頃のポピュラーはいい曲がそろっていましたね。西暦2525年やナオミの唄なども、とても懐かしい曲です。

2013/12/01 (Sun) 17:42 | 青の9号 #ofuZxQNg | URL | 編集

コメントの投稿

非公開コメント