シャフト船

シャフト船は、船体を貫通する穴にエンジンから直接回転が伝わるシャフトを通してスクリューを回転させます。当然、独立した舵を持ちます。この船の特徴はスピードが出ること、時化に強いことなどが挙げられます。逆に欠点は、船の行き足があるときしか舵が効かないので小回りが出来ません。船外機やドライブ船のようにスクリューを構造的に持ち上げることが出来ないため、もし海面を漂っているロープがスクリューに絡んだときなどは、人が潜ってこれを取り除かなければなりません。この作業は海上では相当な危険を伴うため、想像するだけでぞっとします。撮影は、SIGMA SD15 + 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM です。

漁船5こんなに漁港、漁船で引っ張って、何かオチでもあるのでしょうか。
漁船のピストかロード?

漁船にもいろいろなタイプがあるんですね…大阪城公園からの帰りに、階段を迂回するヘアピンカーブがあるんですが、ママチャリは楽々なのに、自分は毎日苦闘しています。

2013/10/07 (Mon) 21:08 | アヤベーダ #/c2.ISBc | URL | 編集

タイプ

本当に色々なタイプがあって、漁船は奥が深いです。これから季節が良くなって、益々走りやすくなりましたね。

2013/10/07 (Mon) 22:13 | 青の9号 #ofuZxQNg | URL | 編集

コメントの投稿

非公開コメント