土地開発

 いたる所で、マンション群の土地開発が行われていました。ただ単に建てるだけでは魅力がなく、このように巨大オブジェや人工池を組み合わせるまでになっています。とてもバブリーですね。でも出来上がっても、暫くは住人がいません。一部を安価でしかるべき人々に譲り、その人々が転売して利を稼ぐまで一般には販売されないのだそうです。雨降りのタクシー争奪戦までスマホでチップを吊り上げた人間だけがサービスを享受できるという、その手の才能がある人間には格段に便利な社会になっているようです。撮影は全て、SIGMA DP2 Merrill 30mm F2.8 です。

建設1高層マンション群の敷地の一部を使って、人工池や巨大なオブジェが造られています。

建設2近くで見上げると、立派な黄金の鳳凰でした。

建設3「煙台を愛し、生活を愛し、手を携えて共にこの居住区を産っていきましょう」と書いてあるそうです。共と産の字が入っているところが、涙ぐましいですね。

コメントの投稿

非公開コメント