李鴻章

 浅田次郎の清朝末期の小説に出てくる李鴻章は良く知っていましたが、その人物に因む旧跡が煙台市にありました。清朝時代の砲台跡です。李鴻章が整備し、ドイツから大砲を購入して据え付けたそうです。今でも海に向かった大砲を見ることが出来ます。でもここで、意外なものを発見しました。それは、次回で... 撮影はすべて、SIGMA DP2 Merrill 30mm F2.8 です。

砲台1砲台への入り口です。中には、歴史的展示物が置いてあります。

砲台2大きな砲身です。沖行く外国の艦船を狙っていたのでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント