倉渕橋

 長崎県下で最大の長さ20mを誇る倉渕橋です。大正8年に架けられましたが、現在では舗装され自動車が行き来しています。川面までは10m程の高さがあります。石炭で豊かだった町の財政から、このように壮大な石橋が造られたのでしょう。当時の世知原町の豊かさが偲ばれます。撮影は全て、SIGMA SD1 Merrill + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM です。

倉渕橋 周りの風景に溶け込んで街の一部となっています。

倉渕橋2 橋梁の裏側に水面で反射した太陽光が揺れていました。さざ波のように広がる光の模様を飽きることなく見続けていました。

コメントの投稿

非公開コメント