きりのき橋

 今年のゴールデンウィークは毎年恒例のロードレーサーによるツーリングが出来なくなったため、以前から興味があった世知原町の石橋を撮影しに行くことにしました。世知原町(せちばるちょう)は、長崎県の北部、北松浦半島内陸部にある町で、現在は佐世保市に編入されています。かって炭鉱で栄えた町で、平戸石工により町内に多くの石橋を架けました。明治から大正、昭和にかけて架橋された16基の橋が、今でも残っています。九州でも有数の石橋の町として知られており、豊かな自然にとけ込む石橋は、それぞれに特徴があります。なかでも後日紹介する「奥の口橋」は、天空の城ラピュタを連想させます。

 この「きりのき橋」は現在でも舗装されておらず、当時の面影がそのまま残っている貴重な橋です。このような橋が、山々に囲まれた自然の中でひっそりと時の流れを見つめています。

きりのき橋DP2M SIGMA DP2x 24.2mm F2.8
ラピュタ!?

和歌山市の沖に友ヶ島という列島があって、旧日本軍の砲台5つをつなげた施設が残っているらしく、ラピュタに瓜二つだそう…アニメのコスプレで写真に写るのが流行っているそうです。

堺ポタ出来ずに残念でしたが、小雨模様だったので止めたのが正解だったかも。

2013/05/13 (Mon) 21:28 | アヤベーダ #/c2.ISBc | URL | 編集

友が島

10日はご迷惑をおかけしました。和歌山にそんなところがあるんですか。ググって写真でも見てみます。

2013/05/14 (Tue) 08:30 | 青の9号 #ofuZxQNg | URL | 編集

コメントの投稿

非公開コメント