愛宕山 女坂

愛宕山女坂 (1 - 1) DP2x

 ここは、坂の師匠アヤベーダさんに教えてもらった、愛宕山の南側にある女坂と呼ばれる激坂です。階段の参道を男坂と呼ぶようで、そこよりは少し緩いので女坂と呼ばれたのでしょうか。少し緩いとはいっても、斜度は24%もありました。北側と違い、南側のこの道は約40mの標高差を距離200mほどで登っていきます。この24%の斜度が出たところは登りはじめてすぐのところで、その後上まで約18~20%の厳しい斜度が続いていきます。ダンシングやあらゆるテクニックを駆使しないと、今の私ではロードレーサーのギア比では登れません。昔は舗装がされてなく、トルクを掛けると後輪が滑って走れなかったと、某社長が言われていました。時々体力試しに登りますが、歩行者は皆びっくりした顔で見ていきます。

 この写真は、出来るだけ斜度に沿った状態で測ったところを撮っています。手が写っていますが、ここの斜度はきつく、またiPod touch の表面がつるりとしているので、置いた途端に下まで滑っていきました。 
24%もありましたか?

17~18%かと思ってました・・・途中から左に切れ込む手前がきついですね。

今日久し振りの練習後に、ツールの04年のラルプデュエズの史上初の山岳TT見直しました・・・逆転を狙うウルリッヒは山岳ステージなのに、TTバイクでスタート、「10%未満は30km/hで走るつもり」なのだそうです。

2012/02/12 (Sun) 15:22 | アヤベーダ #/c2.ISBc | URL | 編集

No title

24%ですか~ジロや、ブエルタで出てくる最大斜度とほぼ同じですネ!!
あまり走りたくはありませんが、年に1~2度はここを上りますネ!!

2012/02/12 (Sun) 15:42 | TUNA #s6by8c7A | URL | 編集

左に切れ込む手前

そうなんです。ここが2番目に斜度がきついところで、20%ありました。師匠、坂だけはまだまだ上達しません。

2012/02/12 (Sun) 18:09 | 青の9号 #ofuZxQNg | URL | 編集

ジロ、ブエルタ

よく、22%とか25%とかテレビに出てきますが、こんな急な坂で観戦してるんですね。そこまで行くのも、大変と思いますが。

2012/02/12 (Sun) 18:12 | 青の9号 #ofuZxQNg | URL | 編集

コメントの投稿

非公開コメント