冬練仕様

車体 SH-05A

心拍計
SH-05A

 今年初の朝練でした。持ち出した機材は、冬の練習用に平地番長とした RHM9 です。インナーの39を多用して回転練習をするためにノーマルクランクにしています。後輪ホイールはカーボンのディープリムにチューブラーで、強風対策に前輪だけミディアムヘイトのホイールにしています。ところが今朝は、張り替えたばかりのチューブラータイヤがパンクしました。細いワイヤーの切れ端が刺さっていたようで、朝練仲間に助けてもらい予備のタイヤに無事張り替えることができました。でも接着用のテープのほとんどはタイヤにくっついていたため、帰りは恐る恐るゆっくり走って帰りました。

 この写真は、パンク修理の時に撮りました。超小型ポンプがシートチューブの向こう側に写っていますが、役に立ちませんでした。ボンベ式のほうが、実際にはいいのかもしれません。2枚目の写真は、初めて最高心拍数が190に到達したので、思わず記念に撮りました。今まで189には何度も行きましたが、大台に乗りませんでした。今朝は180台を何度も連発しましたがキツサが今までより少ないような気がしていました。少しは無酸素性代謝閾値(AT)が上がってきたのでしょうか。 

コメントの投稿

非公開コメント