夜景/愛宕山

愛宕山夜景 SIGMA DP2 Merrill 30mm F2.8

 夜景を撮りに、愛宕山まで登ってきました。空気が冷たく風も無く、夜景を撮るには絶好のコンディションです。いつもの東側の夜景ですが、遠くまで合焦しており全体がシャープに写っています。ここは夜景の名所でもあるので、お参り帰りの人も、それぞれのカメラで夜景を撮っていました。このカメラでこれだけ写れば、一眼レフで対抗できるのは、F1.4のレンズによるf2.8以下での表現、超広角レンズの領域など、一眼レフの特徴を活かした特殊な状況での撮影になるような気がします。

 この写真は、一部トリミングしています。ISO100、絞りはf5.6、シャッタースピードは13秒でした。三脚を立てて、2秒タイマーを使いました。前回同じ場所で6月に撮った夜景は、空気中に多くの水蒸気が含まれていました。今回のほうが空気が澄んで、きりっとした絵になっています。どちらが好きかは、その時の気持ちに影響されるのでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント