スナップショット/ピッピ

ピッピ SIGMA DP2 Merrill 30mm F2.8

 実家帰省のお留守番役の声がかかり、ピッピのいる近所のお宅に行きました。お決まりの猫パンチ応酬で遊んだ後は、撮影タイムです。これから、SIGMA DP2 Merrill のスナップ撮影の性能を試していきますが、今回の対象はこのカメラにとって一番苦手の領域です。スナップですから当然手持ち撮影が条件ですが、室内での蛍光灯に加え動きがある被写体となりました。

 この写真は、絞り開放(f2.8)、シャッタースピード1/8秒で撮りました。絞り開放のため、ピント合焦は額の周辺だけとなっています。まあ何とか絵になっていますが、体も被写界深度の範囲を出てボケ始めており、ぎりぎり合格というところでしょうか。やはり等倍にすると微妙な手振れがあり、拡大して細部をニヤニヤしながら見るという人には三脚は是非ものです。これ以上絵が荒れてくると、モノクローム現像に逃げていきたくなりますね

コメントの投稿

非公開コメント