白水ダム

SDIM0339.jpg   DP2x

 晩秋に、大分県竹田市にある農業土木遺跡を訪ねました。持ち出したのは、ANCHOR RNC7 です。クロモリフレームの乗り心地はツーリングにぴったりで、フロントバッグをつけてからは落ち着いた直進性になりました。この写真は、正式名は白水溜池堰堤といい、日本一美しい水流を持つダムと呼ばれています。大分県竹田市の大野川上流にあり、両端部にはそれぞれの地形に応じて、右岸側には武者返しの曲面流路、左岸側には階段状の流路が設けられています。そのカーブの美しさに見とれ、しばらくぼーっと眺めていました。
 このあたりの地形は、地図で見るよりもずっと高低差があります。火山灰の台地を東西に流れる複数の川が深い渓谷をつくり、南北への移動は谷底へ下がったり上がったりを繰り返さないといけません。この撮影地も谷をずいぶん下ったところにあり、その傾斜も急でした。このあたりを巡っているうちに、RNC7 のツーリング仕様化のアイデアが頭をもたげてきました。

コメントの投稿

非公開コメント