天空の道(2) 山之神

山ノ神 (1 - 1) DP2x

 天空の道を登り始めて空が開けてくると、そこに小さな祠がありました。良く見ると、「山之神」とあります。このあたりの方々が、山での豊穣な恵みや、また天候や災害などから守ってくれるよう、山に宿る神様、山神様を祀っておられるのでしょう。箱根駅伝では往路の箱根登りで有名ですが、もともと山の神は女性とされており、ここから家人のことを山の神と呼ぶようになったそうです。

 この写真は、天空の道から見上げたところにある鳥居を撮ったものです。空の青さと木々の緑に、鳥居の石材の白、そして文字の赤がよく映えました。

コメントの投稿

非公開コメント