パゴダ

塔1-0688   SIGMA DP2x 24.2mm F2.8

 パゴダ (pagoda) とは仏舎利を安置するための仏塔のことで、ミャンマー国内には沢山あります。このパゴダに入るときには、すべての人が裸足になることを求められます。靴や靴下で入ることは、最大の無礼にあたるそうです。パゴダは日本では五重塔がこれにあたり、仏教ではいずれも仏塔として扱われます。

 この写真は、ヤンゴン市内中心部にあるシュエダゴン・パゴダを撮りました。黄金色の外部が、ミャンマーの強烈な日差しに輝いています。日中に近くで見ると、眩しい位に太陽の光を反射します。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パゴダ   SIGMA DP2x 24.2mm F2.8 パゴダ (pagoda) とは仏舎利を安置するための仏塔のことで、ミャン

2012-11-19 18:05 | まっとめBLOG速報