アンドレ・ジャピー

ジャピー SIGMA DP2x 24.2mm F2.8

 子供の頃に、おばあちゃんによく聞かされていました。1936年にフランスの飛行家であるジャピーは、香港から東京に向かう途中で脊振山に墜落しました。村人の懸命の救助によって命拾いしたそうですが、この話は美談として広まったそうです。私たちは、もう一つの飛行機遭難事故を忘れてはなりません。1987年の2月に海上保安庁のビーチクラフト機が,捜索救難業務のための飛行中に脊振山に墜落しました。霧による視界不良だったそうで、全員亡くなった搭乗者の中には採用されて間もない女性隊員も含まれていました。

 この写真は、脊振山頂登山道のわきで撮りました。綺麗な案内板が造られていました。ここまでリズム良く登ってきましたが、山頂まではもう一息です。
 

コメントの投稿

非公開コメント