RNC7@曲渕ダム

曲渕 (1 - 1)     SIGMA DP2x 24.2mm F2.8

 今日は、シェイクダウンが終わったRNC7 の初ロングライドです。目的地は脊振山頂と決めていましたが、本日は天気予報で絶好の行楽日和と聞き、1000m 級の山頂からの見晴らしがいいだろうと決行しました。加えて、近頃Cyber-shot の写真が多く、FOVEON センサーを味わいたくなり、工夫してDP2x を持ち出しました。改造後のRNC7 は、アテナとの相性が良く、特にエルゴパワーのシフトとブレーキのフィーリングが秀逸です。軽く押すだけで確実に決まっていくシフトダウンの感覚は、上位機種のレコードより好きになりました。ブレーキは真綿で締めているという表現がぴったりなくらい素晴らしく、下りが連続するコーナーでも握っている手が全く痛くなりません。

 この写真は、最初の休憩場所の曲渕ダムで撮りました。弱い朝日ですが、すでにシルバーメッキのフロントフォークは、キラキラ輝き始めています。こういう金属の質感を出すのは、FOVEON センサーのストライクゾーンです。

コメントの投稿

非公開コメント