鹿島のジム・ケリー

ハナちゃん (2 - 2) SD15 + 17-70mm F2.8-4 MACRO

 こんなところでジム・ケリーに会えるとは、思ってもみませんでした。今はチームの欠番になっている12番の選手が、アメリカで住んでいた街にあるNFLのチーム、バッファロー・ビルズのQBです。ビルズは当時絶頂期を迎えており、4年連続でスーパー・ボウルに出場しましたが、残念ながらすべて敗れました。現在NFLはプレイオフの最中ですが、93年1月3日に行われたヒューストン・オイラーズとのプレイオフの試合で、ビルズはNFLの伝説になった7-35からの大逆転劇を成し遂げました。このときのQBは、負傷したジムに代わった控えのQBフランク・ライクでした。この試合はチケットが全部売れなかったため、ブラックアウトのルールによりテレビ放送がされず、みんなラジオにかじりついていました。私も、バーモント州からの帰りにフリーウェイでカーラジオをつけっぱなしにして聞いていましたが、勝利の瞬間思いっきりホーンを鳴らし窓からガッツポーズをすると、周りの車も同じことをして騒いでいました。

 この写真は、国道207号線を南下しているときにあわてて止まって撮ったものです。ちなみにこの看板の対戦相手は、当時弱かったニューヨーク・ジェッツでいつもボコボコにしていました。それを思い出してニヤニヤしながら写真を撮っていると、道行く車から怪訝そうに見られてしまいました。

コメントの投稿

非公開コメント