泉岳寺

増上寺 (1 - 1)   DP2x

 このツーリングは東海道の名所旧跡をめぐる旅で、東京の都心でも数ヶ所訪れました。これは泉岳寺の四十七士墓所に続く道で、この奥には赤穂義士が葬られています。幾何学的な造形が武士社会の冷徹な定めを主張しているようで、義士の切腹の事実がより強く印象に残ります。

 この写真の処理をしながら、富士フィルムのベルビアだったならもっといい色がと考えている時に、コダックの破綻を知りました。アメリカに住んでいた街の隣にコダック創業者の出身地ロチェスターがあり、イーストマン・コダック写真博物館に行ったことを思い出しました。もともと富士フィルム派でしたが、アメリカにいる時にはさすがにコダックを使っていました。でも、フィルムケース(今は死語?)が黒いので、小物入れには使いづらかったのを覚えています。Good-by Kodac!
No title

缶からフィルムを切り出して詰めていた最後の世代です。コダックの缶にはずいぶんお世話になりました。
暗室、って今の写真マニアの方ご存じなんでしょうか。
最近の事情にとっても疎いのでピントがずれていたらごめんなさい。
m(_ _)m

2012/01/19 (Thu) 21:03 | 誤字メ #Xd9Dr.kQ | URL | 編集

暗室

暗室とか巻き上げとか、若い人には解らないでしょうね。F3では裏蓋にフィルムの箱を切って識別用にはさむ様になっていましたが、これなんて説明に苦労しそうです。

2012/01/19 (Thu) 22:45 | 青の9号 #ofuZxQNg | URL | 編集

コメントの投稿

非公開コメント