伐株山(きりかぶやま)

伐株山(1+175) SIGMA SD1 Merrill + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

 標高685mの伐株山は、メサ台地のうちでも浸食が進んだビュートと呼ばれる地形で、二重メサの万年山(はねやま 標高1,140m)とともに玖珠町のシンボルです。例の伐株山カレーのモデルとなった山です。玖珠(くす)という地名は、かつてこの地にあった大きな楠に因むもので、大楠の木陰となって日が当たらずに困った住民がこの大きな楠を切り倒した後がこの伐株山だという伝説があります。

 この写真は、玖珠町に入ったところで撮りました。まさに玖珠町のシンボルで、この町を通るときには何度となく見てきた山です。今回は、この山に初めて登ってみることにしました。

コメントの投稿

非公開コメント