宇佐のマチュピチュ

マチュピチュ Cyber-shot DSC-WX100 4.45-44.5mm F3.3-5.9

 院内町中心部まで走ってサポートカーに乗るつもりでしたが、過積載監督の「登りまで頑張りましょう。」の声に、もう一踏ん張りすることに。でも院内町から玖珠町までを結ぶ「柿ノ木峠道路」の坂は、想像を超えた距離でした。特に峠まで続く道路は新しくできた高架橋で、延々と長い坂が続きます。このあたりでは気温はもう30度を超えており、頭も朦朧として水を被りながらの走行でした。暑くて頭が回らず、フロントをインナーに入れたつもりでしたが、ずいぶん登った後に気がついたらアウターに入れっぱなしでした。すぐにインナーに落としましたが、既に脚は出来上がっていたのでした。その後はご想像の通り... 

 この写真は、院内町西椎屋地区の村落を撮りました。正面に見えるせり出した岩山が、ペルーのマチュピチュに似ていると静かな人気なのだそうです。このあたりは、日本の原風景のような何故かほっとする景色でした。でも、目的地はあの山の向こうに...

コメントの投稿

非公開コメント