めくるめくボケの世界
 阿(あ)


阿 SD1 Merrill + 105mm F2.8 MACRO

 レンズの性能の一つにボケの美しさがありますが、桜井神社の狛犬の阿吽で二つのレンズを較べてみたいと思います。先ずは中望遠マクロレンズの105mmですが、望遠域だけあって背景に浮かんで対象物が見えています。ただ少し、中望遠レンズのため頭全体が平たく感じられるような気がします。絞りはf5.6ですので、レンズの性能は一番出ている領域です。それにしても、ここ桜井神社の狛犬はいい顔をしていますね。

 この写真は、三脚にカメラを固定して撮りました。この石の狛犬のように、動かないものを動かないで撮ると、SD1は最高の解像力を発揮します。

コメントの投稿

非公開コメント