ベイビー・カマキリ

葉の上のカマキリ SD15 + 70mm F2.8 MACRO

 水滴がついた葉の上に、小さな赤ちゃんカマキリがいました。じっとしているようですが、結構敏捷です。レンズを正面から近づけると、葉の裏にさっと逃げていきます。前に出てくるのをじっと待って、斜め横から撮影しました。カマキリの複眼の中に見える黒い点は、どの角度からでもこちら側を見ているように見えますが、この黒点は偽瞳孔と呼ばれ、光の反射によって生じるものです。カマキリの複眼は周囲が暗くなると色が黒く変化するため、暗い場所では色素細胞が縮まり黒くなるそうです。

 この写真は、70mm マクロレンズで撮影しました。子どものカマキリのため、複眼はそんなに大きく写っていません。今度大人の大きな複眼を、マクロレンズで拡大して撮ってみたいものです。虫嫌いの人には、堪らない写真になるかも。

コメントの投稿

非公開コメント