「そんなに急いでどこへ行くの?」
箱根仙石原のホテル

犬の置物 (1 - 1)   DP2x

 正月恒例の箱根駅伝が行われましたが、私たちが東海道の旅で通った道は、小田原から少し進んだ三枚橋で、新道を行く駅伝のコースから離れ旧道へと突入しました。私のハンドルネームの由来にもなった青色の ANCHOR RHM9 は快調に進み、三枚橋から温泉街をぐんぐん登っていきました。だんだん斜度がきつくなっていき、赤い大鳥居の前の左カーブのインコースあたりは、誇張ではなく20%を超えていたでしょう。箱根の旧道激坂の後半七曲あたりで脚に来て、お玉が池の辺りではふらふらしていました。峠の茶屋で甘酒を飲んで休憩し、もう一頑張り力を出して芦ノ湖にたどり着きました。でも、ホテルは芦ノ湖のずっと奥の仙石原にあり、とっぷり暮れた山道をヘロヘロ状態で行くことになったのでした。

 この写真は、翌朝ホテルにあった置物を写したものですが、「そんなに急いでどこへ行くの?」と聞かれているようでした。でも、三島との境である箱根峠を越えてからは、右手に富士山、左手に伊豆の山々を見ながらの豪快な15kmのダウンヒルを楽しみました。
こんな置物あった?

箱根駅伝のスタートを初めて観戦し、皇居一般参賀へとハシゴしました…2月上旬に10日間ほど帰福の予定です。

2012/01/06 (Fri) 18:56 | アヤベーダ #/c2.ISBc | URL | 編集

置物

箱根駅伝の、芦ノ湖の往路のゴールが懐かしいですね。この置物は、皆が靴を脱いだ玄関の横にあったものです。被写体を探す眼で見ていると、いろんなものが見えてきます。

2012/01/06 (Fri) 21:01 | 青の9号 #ofuZxQNg | URL | 編集

コメントの投稿

非公開コメント