樫原湿原

背振山地西部の唐津市七山の樫原(かしばる)湿原です。もう少し季節が進むと、有名なサギソウが咲き、沢山の人が訪れます。暑さが本格化して、私には走れる時期ではないので、一眼レフとマクロレンズをお供に車で行ってみました。平地より3度ほど低い気温で、季節の花々と様々なトンボを観察することが出来ました。暑い日には、お薦めのポイントです。(Df + Micro 60mm f2.8/G ED)

樫原湿原-1

道端に群生しているウツボグサです。ぱっと見はラベンダーに似てないこともありません。ハーブティーにも用いられ、むくみに効く薬草です。
樫原花-1

カキランです。花弁が1センチにも満たない可憐な花です。ラン科の植物で、名前の由来は果物のカキ色からだそうです。唇弁の紅紫色がおしゃれです。
樫原カキラン-1

赤いトンボが体長が一円玉より小さいと言われる日本最小のハッチョウトンボで、右側のブルーに輝くトンボは、スケールの様な模様が綺麗なモノサシトンボです。Micro 60mm f2.8 の限界でしょうか。離れて撮っているので、画像を拡大してもギリギリの大きさです。これ以上を望むなら、マクロの100mm 以上の手振防止付きレンズが必要でしょう。
樫原ハッチョウトンボ-1