EX38

ポンツーンお向かいのオーナーが、新艇を購入されました。ど迫力のヤンマーEX38です。シアーラインもそうですが、立ったステムのラインにも驚かされます。バウ付近のボリュームは、凌波性の高さを保証しているのでしょう。長さもありますが、横幅が3.4mあり、外洋での安定性もいいようです。最上部にサテライトコンパスのアンテナが見えますが、これのおかげで数十センチの誤差で位置がわかります。この船にはきっと、潜望鏡のように船底から出てくるソナーも設置されているのでしょう。ひと昔前の、駆潜艇ほどの性能がありそうです。(iPhone6s)

y38-38.jpg
博多湾

身体が溶けてしまいそうな暑さには、早起きが一番です。梅雨が明けて、コソ練ならぬ避暑練をしています。それでも身体には時々水をかけて、ロックアイスの補給も忘れてはなりません。明け方は湿度が高くて汗の蒸発が低く、冷却効果はいまいちです。時々コンビニのエアコンに癒されながら、自宅にたどり着いています。(iPhone6s)

yoake -
百日紅

夏になると、可憐な花を咲かさせくれる百日紅(サルスベリ)を植えて2年が経ちました。昨年は花が一つも咲きませんでしたが、その原因がバラゾウムシ(クロケシツブチョッキリ)と理解するまで一年かかりました。この虫は薔薇の蕾につくためバラ、そして小さな甲虫ですが象の鼻のような口を持つためゾウムシといいます。新芽や花芽が出てくると、枝に上ってきて柔らかな部分から樹液を吸って枯らせます。甲虫のため薬剤が効かず、また天敵もいません。人間と昆虫との、物理的な格闘しか駆除の方法はないそうです。この美しい花は、この虫たちとの際限ない闘いの戦果なのです。(D610 + Micro 60mm f2.8/G ED)

百日紅-0369


NomBe~ 指切りグローブ

この南米朝練指切りブローブは、極上の使いやすさです。今まで指切りグローブは、手のひらの部分が手元に引っ張られて指の股に強く食い込むため、夏の暑い日でも使っていませんでした。このグローブは一見ストラップもなく、ペラペラ感の第一印象でした。ところが、ところが、このグローブは指の股にあたるところが、とてもソフトで肌に優しく出来ています。朝練仲間が、長距離で使っても痛くならないと言っていました。お気に入りのグローブになりそうです。(iPhone6s)

KAERU-1.jpg