T-4

ライオンズクラブ国際大会の総会終了後、ブルーインパルスが福岡の空を飛びました。1964年の東京オリンピックで五輪の華を咲かせたF-86Fから始まったブルーインパルスは、今では純国産の練習機T-4を使用しています。この機体は長野オリンピックの開会式で飛んでおり、私も現場で観ていました。ドーム上空ではSAKURAの演技を行い、見事に桜の花が咲きました。風の影響を計算して、風上と風下への飛行速度を調節しているのでしょう。6機とも見事な旋回で、綺麗な円が描けています。(FinePix S1 24-1200mm F2.8-5.6)

SAKURA-1247.jpg
Dancin' in the rain

今にも雨が降り出しそうな空の下、NAMBEI前に集まったのは走りたくてうずうずしている4人。壱岐レースで気を吐いたH先生からレースの話を伺っていると、既に大粒の雨が降り出してきました。各自それぞれの方向にNAMBEIを出発し、雨の中気が済むまで走ってきました。今日の機材は、悪条件のツーリングに備えて RL8 にZONDA+25c の組み合わせでした。(D610+Micro 60mm f2.8/G ED)

ステム-0364
ATTESA AT8040-57A

コスパ最強の腕時計です。CITIZENの腕時計は初めて使いましたが、腕時計にこれ以上の性能は要らないでしょう。最大の特徴は、スーパーチタニウムのケースに重量84g、厚み9.9mmのフットワークの良さです。それに加えて、ガラスにはサファイアガラスを使っています。時計としての機能は、日中米欧の世界4エリア受信の電波時計で、エネルギーは文字盤で充電します。おまけでクロノグラフや、ワールドタイム機能(26都市)がついています。電源要らずで正確無比の計時性能で、ROLEXなどの舶来機械式腕時計の4分の1以下で買えるのは驚きです。尚、私たちが良く走る長野峠や白糸の滝の横の羽金山には、日本に二つしかない電波時計の電波送信所があります。福岡市は、日本で一番電波時計の受信条件がいい都市なのです。(D610+Micro 60mm f2.8/G ED)

CITIZEN-0359.jpg