仙台市内

先週仙台市に行く機会があり、東北大震災時の津波による被災地を訪ねてきました。三陸地方や原子力発電所の被害が大きく報道されていますが、ここ仙台市内でも津波による被害は大きかったようです。仙台市滞在中に見たNHKのニュースでは、仮設住宅や今まで入れなかった場所の不明者の一斉捜索などのニュースが流れていました。現地の日常では、いまだ震災の復興途上にあるようです。(Cyber-shot DSC-WX100 4.45-44.5mm F3.3-5.9 )

仙台-01336     
海岸から数百メートルに位置する南蒲生浄化センターの、津波に押し潰されたポンプ室の壁面です。一番海岸寄りの建物で、津波の勢いをまともに受けたようです。建物の中や周囲は、陸側に全てのものが傾いていました。

仙台3-01348小学校の校区一つぶんの住宅街が、津波に流された荒浜地区です。2階の天井まで浸かったこの小学校は建物として残り、屋上に逃げた児童を含む約300名だけが助かったそうです。住宅街は家の基礎が残っていますが、4年の月日は草で全てを覆っています。

仙台2-01356被災したこども達は、今でもこの校舎にやってくるそうです。黒板一杯に、みんなの想いが綴られていました。
航空自衛隊浜松基地

浜松市を訪れる機会があり、一度行きたかった航空自衛隊浜松基地の浜松広報館(エアーパーク)を見ることが出来ました。浜松基地は、静岡県西部の浜松市に位置し、航空自衛隊で初めて航空団が置かれるなど、航空自衛隊発祥の地としての歴史を持っています。基地設立の頃から教育関連の部隊が置かれたことから、現在でも航空自衛隊における教育の中心地としての役割を担っています。(撮影は全てCyber-shot DSC-WX100 4.45-44.5mm F3.3-5.9 )

スカイパーク-01332展示格納庫では、歴代の航空自衛隊の使用機材が展示されています。これらを見るだけでも、わくわくする時間でした。

スカイパーク4-01308子供の頃にプラモデルで造ったF-104スターファイターで、当時よくこんな小さな翼で飛べるものだと思っていましたが、やっぱり実機の翼も驚くほど小さかったです。

スカイパーク2-01326東京オリンピックの開会式で上空に五輪の輪を描いた、有名な初代ブルーインパルスのF-86Fセイバーです。

スカイパーク3-01325こちらは、一時期ブルーインパルス機として候補になったF-4ファントムの操縦席です。その機体があまりにも大きいため、正式には採用されませんでした。双発エンジンのため、右側2列の計器がそれぞれのエンジンの情報を伝えます。

永遠の NAMBEI 号

NAMBEI マリア・ローザ号が、新しく生まれ変わりました。今度はカンパのシルバーのアテナを中心に組み、手組みのオープンプロを履かせています。細かいところですが、ボトルゲージもクロモリに似合うものにしました。どこまでも身体に優しいクロモリを素材とした、南米商会製のマリア・ローザ号は、私にとっての永遠のゼロです。NAO君、ありがとう。

南米号-01288(撮影は全て、Cyber-shot DSC-WX100 4.45-44.5mm F3.3-5.9 )

負けるな自分-01283板屋峠に向かう道にあるこのオブジェは自転車仲間には有名ですが、その外にも作品が増えているようなので全て撮影してきました。

人生-01285ペダリングも、まさに人生そのものですね。確か黄門様の主題歌だったような気がしますが、作者の年齢は私達に近いのかもしれません。

地球-01287「地球にまたがり まわせ地球」と書いてありますが、その絵まで付いています。

一歩一歩-01282これは、峠道では金科玉条ですね。

キャノンボール-01284これはとても凝った造りです。「応援中 ど根性 無事 カエル」と書いたものの上にはカエルの絵があります。そして博多駅→鹿児島中央駅 315km って、どこかの御仁を思い浮かべたのは私だけ? 最後に書いてあった名言を紹介します。「人生とは自転車のようなものだ 倒れないようするには 走らなければならない アルバート・アインシュタイン ドイツ 物理学者」
COSTA VICTORIA

昨日 ANGELICA で博多湾外を航行中に、博多港の港湾業務連絡サービス会社の博多ポートラジオが、国際VHF無線でイタリアのクルーズ船 COSTA VICTORIA 号の博多湾出港注意を呼びかけていました。早速湾口で見送ることにし、ANGELICA を航路筋に向かわせ待ち構えていました。見上げるような船体が、優雅に博多湾を滑る様に動いていきます。その存在感は、その時湾内にいた全ての船を圧倒していました。

V-0032.jpg
総トン数 75,116t 全長 252.9m 就航年 1996年(改装2014年) 全幅 32.2m 
乗客定員 2,394名 キャビン数 964室 乗組員 790名 (XPERIA SO-02G)