鰆(サワラ)

先日ヨット仲間のNさんに、シーバスのボートフィッシングを教えてもらいました。その帰路鰆に追われるナブラを発見し、二人でジグをキャスティングして2匹の鰆をゲットしました。ナブラに狂喜乱舞する鰆たちは海面に飛び出すものもいて、その凄まじい興奮状態はこっちまで伝わってくるかのようでした。その後数日経って同じ時刻に同じ海面に行くと、またまたナブラを発見しました。今度はこちらも余裕があり、ナブラをボートで追っかけてはキャストの繰り返しで、トータル9本の鰆をゲットすることが出来ました。大きなものでは70cm、2キロ近いものもありました。

鰆-0408       これらの鰆は、全て博多湾内での釣果です。博多湾は生物多様性に富んだ、豊かな海であることを改めて実感しました。(FinePix S1 24-1200mm F2.8-5.6)
COLNAGO

私の知識ではクロモリのコルナゴとしか表現できませんが、ビンテージバイクの雰囲気充満のロードレーサーでした。今日の朝練に参加された方の機材ですが、随所にあるメッキの輝きとブルックスを始めとする革製品の渋さに魅了されます。よーく見ると、ハンドルバーエンドには木製のエンドキャップがありました。もうガシガシ走る年齢でも体力でも無いし、こんな雰囲気のロードレーサーに少しずつ目移りしてきている今日この頃です。

コルナゴクロモリ-101044サドルにつけている、革製のサドルバッグが泣かせます。ブルックスのサドル共々いい色をしていました。(F-03C)
福岡マラソン2014

福岡市中心街の天神を道路封鎖して行う、出走者1万人のスタートは壮観です。5万人の中から抽選で選ばれた参加者は、それぞれの想いを胸にスタートラインに立ちました。1万人が全てスタートラインを過ぎるまでに、先頭から13分が経過していました。ユニバーシアード福岡大会1995でも出来なかった渡辺通りの全面封鎖は、市民ランナーの熱い願いでとうとう実現したのでした。(FinePix S1 24-1200mm F2.8-5.6)

マラソン2-0354軍師官兵衛で軍勢1万人と聞いてもピンときませんが、このスタートを見て1万人の移動するエネルギーを実感することが出来ました。

マラソン3-0369心臓破りの「マリナ大橋」です。スタート後8kmにあるこの坂は、ランナーから体力を奪っていくようです。この角度の写真からは、多数のランナーが参加する大会の規模がよく解ります。
上臈蜘蛛(ジョロウグモ)

ジョロウグモはクモ目ジョロウグモ科ジョロウグモ属の蜘蛛で、秋に大きな巣をかけることで知られています。その巣の網の特異性から、独立したジョロウグモ科が与えられました。名前の由来は古代の人々が高貴さをこの蜘蛛から感じ取り、上臈(ジョウロウ)からジョロウへと変化したもののようです。巣網の構造は複雑で、放射線状に伸びる縦糸は途中で分岐し、周囲に行っても横糸の長さは変わらないように仕上げています。子グモが集団生活から分散するときには、バルーニングと呼ばれる飛行を行うそうです。高いところで空に向かって蜘蛛の糸を噴出し、その糸が風に煽られ上昇し飛行するようです。驚くほど長距離を飛行できます。

クモ3-0308この蜘蛛は、秋の空気の中で黄金色に輝いていました。当歳ものの個体なのでしょう。透けて見えそうなほど、若い生命の輝きがありました。特に蜘蛛が好きなわけではありませんが、この美しい蜘蛛には惹かれてしまいました。(FinePix S1 24-1200mm F2.8-5.6)