第54回板屋峠ヒルクライム

暫く振りに板屋ヒルクライムで走りました。途中でギブアップしないように、でもタイムは出したい。その前に、倒れないようにしよう。様々な思惑がレース前の頭を駆け巡りましたが、走っている間はカーブナンバーを余裕をもって見ていたので、全力を出し切ったとは言えないかも。でも、走っているときは、いつもアップアップなんですよね。自分的には、直近の三年前のレースより1分以上も縮められたので満足です。年齢とも相談し、来年の目標が出来ました。(iPhone6s)

朝練

久しぶりの朝練でした。ここ数年の耐暑能力の衰えにより真夏の実走を控えている私にとって、今日は16-17シーズン開幕の初日でした。やっぱり外で走って汗をかくのはいいものです。室内でローラー台による練習で重い負荷をかけていたためか、BORA ULTRA 35 の回すときの軽いこと軽いこと。特に巡航から坂道に入るところでは、そのままの回転で登っていけます。でも心拍計を見てみると190を超えていたので直ぐにスピードを落としました。知らないうちに、身体には負担を強いているようです。(iPhone6s)

毎年恒例の呼子に走って行き、イカ三昧の合宿です。これから美味しいイカを頂きます。(iPhone6s)





これが有名な呼子のイカ活き造りです。



この後は部屋で二次会です。左のお酒はニ升半で、桝々繁盛と呼ぶそうです。


大雪山旭岳

旭川空港に降り立った時から、頭の中で松山千春の「大空と大地の中で」のメロディーが渦巻いていました。大雪山連峰の主峰で標高2,291m、北海道最高峰のこの山は旭川市内のどこからでも見ることが出来ます。広い空と大地がなせる技です。残雪を頂くこの山は、雄大な自然の北海道のシンボルです。

朝日岳 (1 - 1)(Cyber-shot DSC-WX100 4.45-44.5mm F3.3-5.9 )

イトムカ鉱山

アイヌ語で「光輝く水」つまり水銀を意味するイトムカ鉱山は、かってアジア一の産出量を誇る水銀の鉱山でした。無機水銀中毒を引き起こす水銀蒸気が発生するため、防毒マスクの着用などの予防措置がとられていましたが、それでも倒れる者が多かったそうです。現在は使用中止になった水銀の抽出技術を応用して、国内唯一の水銀リサイクル施設となっています。

イトムカ (1 - 1)(Cyber-shot DSC-WX100 4.45-44.5mm F3.3-5.9 )
福岡城内

昨夜から、平和台の夜桜ライトアップが始まりました。早くも初日から満開宣言が出ており、今年は見頃が例年より早いようです。夜空に浮かびあがった桜は、これでもかという程の艶かしさでした。撮影の場所は、城内でここ一番のところです。多くのカメラマンが三脚を広げていました。

城内 (2 - 2)通勤ライドの帰りに、小型三脚を持参して撮りました。水蒸気も少なく、夜景撮りにはいい条件でした。(SIGMA DP2 Merrill 30mm F2.8)