RL8

ゴールデンウィークの淡路島ツーリングに備えて、乗り込み練習の三週目です。日曜日に走れないので、土曜日に呼子往復に行きました。先週までの走りで、課題になったものがあります。身体に出てくる痛みに対する、サドルとホイールの及ぼす関係です。通常朝練の平均速度27kim程度、平均心拍数約160、走行時間2時間30分程度の負荷では、使っているサドル、フィジークのアリオネに対する違和感は全くありませんでした。私の場合のツーリングなどのロング走では、走行時間が8~10時間、平均速度約20~22km、平均心拍数約140になります。この程度の負荷で走る場合、どうもペダリングや姿勢が変わってくるようで、80km以降ではサドルに当たる部分や膝に痛みが出てきます。きっと、平均速度が遅くなるために姿勢が高くなり、直接サドルにかかる体重が増えているのではないかと思います。今日は今ままでのカンパのホイールではなく、手組の柔らかいホイールで試してみました。前半は乗り心地や路面の衝撃など身体に優しい感覚で走れましたが、最終盤でホイールの重みや漕ぎ方の相違で膝が我慢できなくなるくらい痛くなってきました。次回は、サドルをもっと厚みのあるものに替えて、カンパのホイールに戻して試してみます。でも根本的な解決は、長距離でもぶれない強靭な身体が造れていれば、また高いスピードを長距離でも維持できればいいのかもしれません。(iPhone6s)

No title

私も普段の朝練の距離で膝や腰に違和感を覚える事はほとんどありません。やはり、スピードは上がりますが距離が短いので多少機材が身体と合っていなくてもごまかせるのでしょう。
しかし、初めて200kmに挑戦した時、150km辺りから足指に違和感が出て足首から先が痺れてしまった経験があります。シューズのサイズおよび型があってなかったんですね。また、別の時はサドルの調整をした際低すぎた設定をしたのでしょう(?)膝に負担がかかりすぎ乗れないくらい痛みが出た事もあります。その時はサドルを元の位置に戻し高くして暫く走ると痛みが取れました。
ポジションと機材の大切さ、如何に自分にあったものを探し出すか?その事をロングは教えてくれますね。

2017/04/12 (Wed) 15:57 | bose #- | URL | 編集

身体の痛み

ロングを走るといろんな所が痛くなりますね。腰周りから膝へと痛みが移り、100キロ前後から膝が走れないくらい痛くなります。現在対策を考え中です。そうこうやっているうちに、インフルエンザにかかってしまい、先週から今週にかけて家庭内隔離です(笑)。また一から.体力づくりからはじめます。

2017/04/12 (Wed) 16:46 | 青の9号 #- | URL | 編集

コメントの投稿

非公開コメント